鎌鼬の里 芸術祭 2017

横手・湯沢・栗駒

昨年10月22日に、羽後町田代地区にオープンした「鎌鼬美術館」。
今から51年前の秋、羽後町田代の里で舞踏家土方巽(ひじかた たつみ)は、地域の人々を巻き込んで不可思議なパフォーマンスを繰り広げ、若き写真家細江英公(ほそえ えいこう)がそれを追いかけ、様々な角度からシャッター切った。
「土方巽、細江英公を惹きつけた田代の里の風景を残したい、そこで暮らす人々がずっと住み続けられるようにしたい」
という思いから羽後町田代地区の一部の集落では現在でも昔ながらの稲架掛け(はさがけ)で乾燥させたお米を生産しています。

そのためには多くの方々に『鎌鼬の里』に関心を持ってもらうこと、訪問していただくこと、稲架かけ米など地域の農産物を買っていただくことが不可欠という事で田代地区の有志が起ち上げた美術館です。
その鎌鼬美術館が年に一回の芸術祭を下記の日程で開催します。


【開催日】
2017年9月23日(土)~9月24日(日)

【主 催】
NPO法人鎌鼬の会

スケジュール
23日(土) 
13:00~ 仙道番楽/上仙道番楽団
13:40~ 羽後昔話を語る/羽後の昔話を楽しむ会
14:10~ 舞踏/大森政秀
14:50~ 朗読/土方巽『病める舞姫』を読む (岡みはる)
15:20~ シンポジウム(Ⅰ)「アートと芸能、暮らしと自然」
     岩井成昭、石倉敏明、龔卓軍、森繁哉
17:30~ ライブ/渋さ知らズオーケストラ

24日(日)
11:00~ 稲架掛け・ワークショップ
12:30~ 西馬音内盆踊り/西馬音内盆踊り保存会
13:10~ 猿倉人形芝居/野中吉田栄楽一座
13:50~ ダンス/メキシコチームほか
14:30~ シンポジウム(Ⅱ)「東北学・秋田篇 歴史と民俗」
     赤坂憲雄、岩井成昭石倉敏明、森繁哉
16:10~ 舞踏/今貂子+おかえり姉妹 福士正一


鎌鼬美術館へのアクセスは
JR奥羽本線湯沢駅よりタクシーまたはレンタカーで約30分
マップは⇒こちら

鎌鼬の里芸術祭についてのお問い合わせ
NPO法人鎌鼬の会事務局
TEL 0183-62-5009
E-mail:kamaitachi@ugotown.com
鎌鼬美術館Facebook
または
慶応義塾大学アートセンター
TEL 03-5427-1621
E-mail:moris@art-c.keio.ac.jp


 

 

イベント検索
イベント情報検索
期間を選択
から
まで
エリアを選択
白神・能代・山本 大館・阿仁・森吉 十和田・八幡平 男鹿・八郎潟 秋田中央 大仙・田沢湖・角館 由利本荘・鳥海 横手・湯沢・栗駒
観光情報検索
観光情報検索
ジャンルを選択
エリアを選択
白神・能代・山本 大館・阿仁・森吉 十和田・八幡平 男鹿・八郎潟 秋田中央 大仙・田沢湖・角館 由利本荘・鳥海 横手・湯沢・栗駒