七夕行事・燈籠まつり

秋田竿燈まつり

秋田市

令和2年は新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりました。

東北三大祭りの一つ。提灯の数46個、高さ12m、重さ50kgもある巨大な竿燈(大若)を、差し手たちが「手のひら」「額」「肩」「腰」などで自在に操る妙技は圧巻。提灯を揺らめかせ、稲穂に見立てた竿燈が、秋田の夏を華麗に彩ります。昼間は竿燈の技術を競う妙技会を開催。

  • 開催日/毎年8月3日~6日
  • 会場/秋田市竿燈大通り・秋田市中通「エリアなかいち」にぎわい広場
  • 交通/JR秋田新幹線秋田駅から徒歩約15分
  • 問/秋田市竿燈まつり実行委員会 018-888-5602

七夕絵どうろうまつり

湯沢市

江戸時代、湯沢地方を治めた佐竹南家に京都から輿入れした姫君が、郷愁の思いを五色の短冊に託して青竹に飾り付けたのが始まりといわれています。夕暮れ時、門前に吊り下げられた大小数百もの絵どうろうに灯がともされ、優美な女性の姿が浮かび上がります。
令和2年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催中止となりました。

  • 開催日/毎年8月5日~7日
  • 会場/湯沢市街地
  • 交通/JR奥羽本線「湯沢駅」から徒歩すぐ
  • 問/湯沢市観光・ジオパーク推進課 0183-55-8180

能代七夕「天空の不夜城」

能代市

令和2年は、新型コロナウイルスの影響により中止となりました

2013年、約1世紀の時を超えて復活した能代七夕「天空の不夜城」。中世能代を治めた檜山城主、安東愛季(ちかすえ)に因んだ高さ日本一の「愛季-ちかすえ-」(24.1m)。江戸時代、名古屋城を模した城郭灯籠を初めて作った大工宮腰嘉六に因んだ「嘉六-かろく-」(17.6m)。天にまで届く2基の城郭七夕灯籠が街を練り歩く姿は正に圧巻です!

  • 開催日/毎年8月3日~4日
  • 会場/国道101号線(能代市役所交差点~通町交差点)
  • 交通/JR五能線能代駅から徒歩約5分
  • 問/能代七夕 天空の不夜城 事務局 0185-74-5109(Go!天空)

能代役七夕

能代市

令和2年は、新型コロナウイルスの影響により中止となりました

起源は千年以上前とされる伝統行事。城郭型灯籠が、夜空に華麗に響く笛の音や地響きのような太鼓のお囃子を伴い、市内を練り歩きます。最終日には山車灯籠の上部のシャチをイカダに乗せて、米代川で火を放ち焼き流す「シャチ流し」が行われ、夏の終わりを幻想的に彩ります。

  • 開催日/毎年8月6日~7日(変更の場合あり)
  • 会場/米代川能代大橋付近
  • 交通/JR五能線能代駅から徒歩約15分
  • 問/能代市観光協会 0185-88-8802

横手の送り盆まつり

横手市

令和2年は、新型コロナウィルスの影響により中止となりました。

江戸時代の大飢饉で亡くなった人々を供養するために、ワラで作った船を河原に繰り出したのが始まりといわれる祭り。橋の上で屋形舟同士がぶつかり合うと、祭りは一気にクライマックスへ。秋田県無形民俗文化財にも指定される、横手の夏を彩る風物詩です。

  • 開催日/毎年8月15日~16日
  • 会場/横手川蛇の崎橋・川原一帯
  • 交通/JR奥羽本線「横手駅」から徒歩約15分
  • 問/(一社)横手市観光協会 0182-33-7111

花輪ねぷた

鹿角市

令和2年は、新型コロナウイルスの影響により中止となりました。

起源は藩政時代末期頃。将棋の駒の形をした高さ5メートル余りの王将灯籠と、鼓面直径が2メートルの大太鼓が特徴。大太鼓を打ち鳴らし、お囃子に合わせ町中を練り歩きます。 最終日、米代川に架かる稲村橋に並んだ灯籠に一斉に火を放ち川に流す、「ねむり流し」が最大の見せ場。

  • 開催日/毎年8月7日・8日
  • 会場/鹿角市花輪市街地
  • 交通/東北自動車道「鹿角八幡平IC」より車で約5分、JR花輪線「鹿角花輪駅」より徒歩約3分
  • 問/花輪ばやし祭典委員会(千歳盛酒造株式会社内)0186-22-6088

小坂七夕祭

小坂町

令和2年は、新型コロナウイルスの影響により中止となりました。

明治の末頃、各地から町にやってきた鉱夫達がふるさとを偲んで始められたと言われる祭り。青森ねぶたの流れをくむといわれる武者人形や、マンガの主人公などアイディアに富む山車が、独特の小坂囃子にのって町内を練り歩きます。 山車が一堂に会する2日目夜の合同運行が一番の見所。

  • 開催日/毎年8月第一土・日曜日
  • 会場/小坂町内
  • 問/小坂町七夕祭振興会 0186-29-2069

大館大文字まつり

大館市


※令和2年度は、新型コロナウイルスの影響により、中止となりました。

大館市の夏の風物詩。お盆の帰省客で賑わう8月11日、日中には「大文字踊り」や市内小学生のスクールバンド演奏などが披露され、夜には市のシンボルである鳳凰山に日本一の大きさと美しさを誇る「大」の火文字が浮かび、長木川の花火が彩りを添えます。

  • 開催日/毎年8月11日
  • 会場/(昼)おおまちハチ公通り (夜)長木川河川敷花火会場
  • 交通/JR奥羽本線「大館駅」から徒歩約15分
  • 問/大館市観光協会 0186-42-4360

盆踊り・町踊り

西馬音内盆踊り

羽後町

約700年前から伝わる、秋田を代表する盆踊り。日本三大盆踊りの一つで国の重要無形民俗文化財。豊年踊りと亡者踊りが混じり合い継承されてきたと言われています。かがり火の中に浮かび上がる踊り手たちのしなやかな手振りや足の運び、艶やかな端縫い衣装やひこさ頭巾が見る者を魅了します。
令和2年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催中止となりました。

  • 開催日/毎年8月16日~18日
  • 会場/羽後町西馬音内本町通り
  • 交通/JR奥羽本線「湯沢駅」から車で約15分
  • 問/羽後町企画商工課 0183-62-2111

毛馬内の盆踊り

鹿角市

令和2年は、新型コロナウイルスの影響により中止となりました。

450年もの歴史をもつと言われる盆踊り。念仏踊りの影響を受けた、表情豊かで優雅な踊り。豆絞りの手拭いで頬被りをし、かがり火を囲んで踊ります。国重要無形民俗文化財に指定されており、「西馬音内の盆踊り」、「一日市の盆踊り」と並び、秋田三大盆踊りのひとつ。

  • 開催日/毎年8月21~23日
  • 会場/毛馬内こもせ通り
  • 交通/JR花輪線十和田南駅から車で約5分
  • 問/十和田八幡平観光物産協会 0186-23-2019

一日市盆踊り

八郎潟町

令和2年は新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりました。

400年あまりの歴史を持つと言われる盆踊り。もともとは死者の弔いのための踊りでしたが、次第に大衆化し、「見る踊り」から「踊る踊り」へと変化。現在では僧侶や力士、花魁、洋装など、様々な姿に仮装した踊り手で賑わいます。

  • 開催日/8月18日~20日
  • 会場/八郎潟町一日市商店街
  • 交通/JR奥羽本線「八郎潟駅」から徒歩約10分
  • 問/八郎潟町産業課 018-875-5803

藍と端縫まつり

羽後町

西馬音内盆踊りの衣裳にちなんだ文化と歴史、さらに藍と端縫いの魅力を発見できるお祭り。町内一斉に踊り衣装の虫干しを行い、町がさながら大きな美術館のようになる1日です。ミニのれんを掲げた町内の各家々が展示場所です。
令和2年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開催中止となりました。

  • 開催日/8月の第一日曜日
  • 会場/羽後町西馬音内(町内全域)
  • 交通/JR湯沢駅よりバス40分北都銀行角下車、徒歩1~2分
  • 問/西馬音内盆踊り会館 0183-78-4187

ドンパン祭り

大仙市

「ドンパン節発祥の地」中仙地域で行われる夏祭り。ドンパン踊りをメインに伝統芸能や花火が楽しめる。幾重にも重なる踊りの輪は圧巻です。

  • 開催日/毎年8月16日
  • 会場/ドンパン広場(大仙市中仙支所前)
  • 交通/JR奥羽本線「羽後長野駅」から徒歩約10分
  • 問/大仙市観光物産協会 0187-88-8481 

花輪町踊り

鹿角市

幕末に江戸から伝わったとされる花輪の町踊り。8月下旬から中秋の名月の頃まで行われ、秋田県無形民俗文化財に指定されています。 篝火を囲みながら町内のあちこちで繰り広げられ、軽快なテンポと優雅な振りで江戸情緒が感じられます。

  • 開催日/8月下旬から中秋の名月頃まで
  • 会場/鹿角市花輪市街地
  • 交通/東北自動車「鹿角八幡平IC」より車で約5分、JR花輪線「鹿角花輪駅」よりすぐ
  • 問/花輪ばやし祭典委員会(千歳盛酒造株式会社内)0186-22-6088

菖蒲カーニバル

由利本荘市

令和2年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました。

浴衣や法被姿に身を包んだ800人を超す参加者が、旧本荘市の花「花菖蒲」にちなんで作られた「菖蒲音頭」や「新本荘追分踊り」を踊り、暑い夏の一日を盛り上げます。子どもたちや踊り団体によるヤートセも披露。会場では地域食をはじめとした飲食ブースの出店があります。

  • 開催日/7月下旬
  • 会場/由利本荘市文化交流館カダーレ内及びカダーレ前道路
  • 交通/JR羽越本線「羽後本荘駅」徒歩約5分
  • 問/(社)由利本荘青年会議所 0184-22-4940

山・鉾・屋台行事
(ユネスコ無形文化遺産登録行事)

土崎神明社例祭の曳山行事

秋田市

令和2年は新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりました。

港町・土崎にある土崎神明社の例大祭。勇壮な武者人形を飾り付けた曳山をひき、参加町内が街を練り歩きます。心躍る港ばやしと港っこの熱気、曳山の迫力に圧倒されます。土崎港がもっともにぎわう勇壮な夏祭りです。

  • 開催日/毎年7月20日~21日
  • 会場/土崎港町の本町通り、土崎神明社
  • 交通/JR奥羽本線「土崎駅」から徒歩約5分
  • 問/土崎曳山祭り実行委員会 018-845-2264

花輪祭の屋台行事

鹿角市

令和2年は、新型コロナウイルスの影響により中止となりました。

日本三大ばやしの一つで、起源は平安時代と言われています。幸稲荷神社(さきわいいなりじんじゃ)に奉納される祭礼ばやしで、豪華絢爛な10台の屋台が町内を練り歩きます。 鹿角花輪駅前に屋台が集結する「駅前行事」と、20日午前0時から始まる「朝詰め」での町境交渉が一番の見所。

  • 開催日/毎年8月19日、21日
  • 会場/鹿角市「鹿角花輪駅」前、花輪市街地
  • 交通/東北自動車「鹿角八幡平IC」より車で約5分、JR花輪線「鹿角花輪駅」よりすぐ
  • 問/花輪ばやし祭典委員会(千歳盛酒造株式会社内)0186-22-6088

角館祭りのやま行事

仙北市

約400年の歴史を誇る角館神明社と薬師堂の祭典。お囃子の奏者や踊り手を乗せた十数台の曳山が町内を練り歩きます。通行の優先権をめぐる交渉が決裂して始まる「やまぶっつけ」は迫力満点。踊り手の優雅な踊りや曳山に飾られた豪華な人形も楽しめる、美しさと勇壮さをあわせもつお祭り。

  • 開催日/毎年9月7~9日
  • 会場/仙北市角館町中心部
  • 交通/JR秋田新幹線「角館駅」から徒歩すぐ
  • 問/角館のお祭り実行委員会(仙北市観光課内)0187-43-3352、仙北市観光情報センター「角館駅前蔵」0187-54-2700

 ※令和2年は新型コロナウイルスの影響を受け、中止となりました。

                                                                                             

花火大会

全国花火競技大会「大曲の花火」

大仙市

全国から選抜された一流の花火師たちが日本一の座を目指し、技を競い合う日本で最も権威ある花火大会。観覧会場は、手前に川、背景に山があり花火鑑賞には絶好のロケーション。大迫力の音と夜空を覆い尽くす光の芸術を心ゆくまで堪能できます。

  • 開催日/毎年8月最終土曜日
  • 会場/大曲の花火公園(大仙市大曲雄物川河畔)
  • 交通/JR奥羽本線「大曲駅」から徒歩約30分
  • 問/大曲商工会議所花火振興事業部 0187-88-8073

港まつり「能代の花火」

能代市

令和2年は、新型コロナウイルスの影響により中止となりました。

北東北の夏の訪れを告げる花火大会。県内の煙火業者等による競演幻想花火や、スターマイン中心の15,000発打ち上げ、東北唯一の三尺玉打ち上げが特徴。

  • 開催日/7月下旬
  • 会場/能代港下浜ふ頭 特設会場
  • 交通/JR五能線「能代駅」から徒歩約30分
  • 問/能代の花火実行委員会 0185-52-6341

男鹿日本海花火大会

男鹿市

令和2年は新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりました。

毎年テーマを変えて開催し、常に進化しつづける花火大会です。次々と打ち上げられる色とりどりの花火が、会場に色鮮やかに映る様は圧巻です。

  • 開催日/毎年8月14日
  • 会場/男鹿市船川OGAマリンパーク
  • 交通/JR男鹿線男鹿駅から徒歩約10分
  • 問/男鹿日本海花火実行委員会 男鹿市観光商工課内 0185-24-9142

日本海洋上花火大会

由利本荘市

令和2年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました。

夏の風物詩。全国的に数少ない島式漁港公園の洋上から打ち上げられた花火が、夜空に浮かび上がります。 夜空に輝く絢爛豪華な光と音の競演をお楽しみいただけます。

  • 開催日/7月中旬
  • 会場/道の駅「岩城」島式漁港公園
  • 交通/JR羽越本線岩城みなと駅から徒歩約10分
  • 問/由利本荘市観光協会 岩城支部0184-73-2014

雄物川の花火

秋田市

令和2年は新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりました。

地元中学生の「デザイン花火」や全国の花火師10社が制作した「ザ・プレミアム花火」など、個性豊かなプログラム。

  • 開催日/毎年8月11日
  • 会場/雄物川河川敷
  • 交通/JR羽越本線新屋駅から徒歩約15分
  • 問/秋田市夏まつり雄物川花火大会実行委員会

にかほ市花火大会

にかほ市

令和2年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました。

伝統ある花火大会が令和元年から一新。音楽に合わせて花火を打ち上げる音と光のエンターテイメントショーに。フラダンスショーなどのイベントも見逃せない。

  • 開催日/8月下旬
  • 会場/象潟海水浴場
  • 交通/JR羽越本線象潟駅から徒歩約10分
  • 問/にかほ市観光協会 0184-43-6608

本荘川まつり花火大会

由利本荘市

令和2年は新型コロナウイルス感染症の影響で、中止となりました。

由利本荘市、夏の一大イベントです。全長150mのナイアガラやスターマインなど約6,000発の花火が夜空を彩り、清流子吉川を照らす灯籠流しとのコントラストが楽しめます。

  • 開催日/7月下旬
  • 会場/友水公園(ボートプラザアクアパル前河川敷)
  • 交通/東北自動車道「本荘IC」より車で約15分
  • 問/由利本荘市観光振興課内 由利本荘市観光協会本荘支部 0184-24-6349

鳥海高原由利原まつり「高原花火大会」

由利本荘市

令和2年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりました。

日本海洋上花火大会、本荘川まつり花火大会に続き、由利本荘市の夏の夜空を彩る花火大会。高原音楽祭や由利牛焼き肉ガーデンを楽しめる鳥海高原由利原まつりのラストを飾ります。

  • 開催日/8月上旬
  • 会場/南由利原青少年旅行村
  • 交通/東北自動車道「仁賀保IC」より車で約25分
  • 問/由利本荘市観光協会 由利支部 0184-53-2111  南由利原高原青少年旅行村管理棟 0184-53-2126

水にまつわるお祭り

たざわ湖・龍神まつり

仙北市

たつこと八郎太郎の伝説をもとにした龍神まつりや音楽祭、花火大会が田沢湖湖畔で日中から夜にかけて行われます。

  • 開催日/7月下旬~8月上旬
  • 会場/田沢湖湖畔(白浜特設会場)
  • 交通/JR秋田新幹線「田沢湖駅」からバスで約12分、「田沢湖畔」下車後、徒歩すぐ
  • 問/仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」 0187-43-2111

十和田湖湖水祭り

小坂町

令和2年は、新型コロナウイルスの影響により延期となりました。

十和田湖の夏の観光シーズンの幕開けを告げるまつり。 湖上花火大会には、イルミネーションに飾られた遊覧船が花を添え、特設ステージでは様々なイベントが行われます。1966年(昭和41年)から夏の観光イベントとして毎年行われ、十和田湖の夏の風物詩となっています。

  • 開催日/7月中旬
  • 会場/十和田湖畔休屋
  • 交通/東北自動車「小坂IC」より車で約40分
  • 問/(一社)十和田奥入瀬観光機構 0176-75-1531

白瀑神社例大祭「みこしの滝浴び」

八峰町

令和2年は、新型コロナウイルスの影響により中止となりました

白装束の男たちがみこしを担いで町内を練り歩いた後、五穀豊穣・家内安全を祈願して、神社裏手にある高さおよそ17メートルの滝壺にみこしもろとも飛び込みます! 全国でも珍しい夏の風物詩をお楽しみに。

  • 開催日/毎年8月1日
  • 会場/白瀑神社
  • 交通/JR五能線「東八森駅」より徒歩約20分
  • 問/八峰町観光協会 0185-76-4100

清水まつり(樽みこし)

美郷町

酒どころ秋田の中でも名高い酒蔵が多い美郷町六郷地区では、仕込みに使う酒樽を御輿にして町内を練り歩きます。子どもや幼児用の御輿も用意され、沿道からの声援と一緒に水かけが行われるこの祭りの別名は「水かけみこし」とも呼ばれています。

  • 開催日/毎年8月第1土曜日
  • 会場/美郷町六郷地区(琴平神社~秋田諏訪宮)
  • 交通/JR奥羽本線「飯詰駅」から車で約10分
  • 問/美郷町観光情報センター 0187-84-0110

行列・パレード

八幡宮綴子神社例大祭

北秋田市


※令和2年度は、新型コロナウイルスの影響により、中止となりました。

今から約750年前に始まったとされる伝統行事。綴子神社に大太鼓を奉納し、虫追いや雨乞い、五穀豊穣を祈願します。集落内を数基の大太鼓を打ち鳴らしながら行進する様は圧巻。世界最大級の大太鼓はギネスブックにも登録されています。神社境内で披露される獅子踊りや奴舞いも必見です。

  • 開催日/毎年7月14日~15日
  • 会場/北秋田市綴子神社
  • 交通/JR奥羽本線「鷹ノ巣駅」から車で約10分
  • 問/綴子神社 0186-62-0471

大名行列

湯沢市

愛宕神社の祭典に奉納される、秋田藩佐竹南家10万石の格式を持つ行列です。昔そのままの豪華な衣装を身にまとい、殿様を中心とした行列が愛宕神社前を出発点とし、湯沢市内を練り歩きます。

  • 開催日/毎年9月第4日曜日
  • 会場/湯沢市街地
  • 問/湯沢市観光・ジオパーク推進課 0183-55-8180

八朔まつり

由利本荘市

およそ400年以上の歴史を持つ矢島神明社の祭典で、祭神の稲をつかさどる倉稲魂(うかまた)に豊穣を願う矢島地域最大のお祭りです。宵宮は神楽太鼓の音が響き、翌日の祭り当日は六丁の山車が御神輿とともに町内を練り歩きます。

  • 開催日/毎年9月第2日曜日とその前日
  • 会場/矢島神明社他
  • 交通/由利高原鉄道「矢島駅」より徒歩約15分
  • 問/由利本荘市商工会矢島支所 0184-56-2206 由利本荘市観光協会矢島支部 0184-55-4953

グルメ・ステージ・伝統芸能

大湯温泉夏まつり

鹿角市

十和田湖に近い大湯温泉郷恒例の夏まつり。 大湯大太鼓と踊り、芸能や露店も楽しめます。2日目には花火の打ち上げがあります。

  • 開催日/7月下旬
  • 会場/道の駅おおゆ(湯の駅おおゆ)
  • 交通/JR花輪線「鹿角花輪駅」より「大湯温泉行き」バスで約40分、東北自動車道「十和田I.C」から車で約15分
  • 問/大湯温泉観光協会(大湯温泉総合振興プラザ こけし館内) 0186-37-2960

にかほ海の幸まつり

にかほ市

象潟九十九島太鼓や超神ネイガーショーなどのステージのほか、にかほ市でとれた今が旬の天然岩ガキなど炉端焼きや自分で焼けるバーベキュースペースを設けており、その場で地元産海の幸を堪能できるほか、様々な催し物を開催します。

  • 開催日/7月中旬
  • 会場/にかほ市観光拠点センター「にかほっと」前特設会場
  • 交通/金浦ICから車で5分
  • 問/にかほ市観光課 0184-43-3230

鳥海獅子祭り

由利本荘市

寛永年間より伝承されてきた本海獅子舞番楽(国指定重要無形民俗文化財)の各講中が、一堂に会して伝統の舞を披露します。かがり火に包まれた幻想的な雰囲気の中、優れた伝統芸能を堪能することができます。

  • 開催日/毎年8月16日
  • 会場/鳥海健康広場屋外特設会場※雨天時:紫水館
  • 交通/由利高原鉄道「矢島駅」から車で約10分
  • 問/由利本荘市教育委員会鳥海教育学習課 0184-57-2881

大湯大太鼓まつり

鹿角市

令和2年は、新型コロナウイルスの影響により中止となりました。

五穀豊穣への祈りと先祖への供養をかね、毎年8月15日に開催されている「大湯大太鼓まつり」。太鼓の打ち手は打者1人、補助者3人の4人1組で構成され、直径約1.2m、胴長約1.5mもの大太鼓が50殻も一同に会し競演を繰り広げます。

  • 開催日/毎年8月15日
  • 会場/道の駅おおゆ(湯の駅おおゆ)
  • 交通/JR花輪線「十和田南駅」よりタクシーで約15分、 東北自動車道「十和田I.C」より車で約15分
  • 問/大湯大太鼓保存会 0186-37-2165